スマートフォン解析

「24/7ワークアウト」のパーソナル食事制限内容と食事報告方法について

24/7ワークアウトの食事指導

 

24/7ワークアウト,食事,制限,指導,内容

 

24/7ワークアウトの食事制限は糖質制限がベース。

 

基本的には糖質を控える方向性で、目標や体質別にメニューをカスタマイズするそうです。

 

体はカロリーよりも先に糖質を燃焼させる性質があるため、効率よくダイエットするには、まずは糖質が多い「特に炭水化物」は摂り過ぎないよう注意する必要があるとのこと。

 

痩せる仕組みは以下、

  • 糖質を抑えて効率よくカロリーと脂肪を燃焼させる。
  •      ↓

  • トレーニングで筋肉を引き締めつつ、目標のスタイルを作る。
  •      ↓

  • 脂肪が減り筋肉が落ちていないため、体の筋肉比率が上がる。
  •      ↓

  • 筋肉比率の高い体は基礎代謝が高く脂肪燃焼しやすい。
  •      ↓

  • 少々食べ過ぎても太りにくい体になる。

 

なので、ダイエット成功の大部分は、まずは食事に掛っているそうです。

 

 

ただし糖質制限は極端すぎてもダメとのこと。

 

過度な糖質制限は、免疫低下、肌荒れ、体調不良の原因。

 

さらに筋肉組織を作るにも糖質は重要なので、極端過ぎると脂肪と一緒に筋肉も無くなり、顔色も悪く不健康な感じに痩せてしまうそうです。

 

なので、まずは特に糖質が無駄に多い「炭水化物」=「主食」を控えるのですが、食事の量が減るわけでは無く、

 

主食を抑える代わりに食べるもの(栄養価の高い「意味のある食材」)を3食バランス良く摂るアドバイスをくれるとのこと。

 

主食も完全カットでは無く、様子を見て『白米を玄米に変更』『朝・昼は白米もOK』といった感じで変化するそうです。

 

私にとっての「意味のある食材」は、筋力アップが目的のため特にタンパク質を意識したアドバイスになるようです。

 

タンパク質が多く、糖質の少ない、腹に脂肪の付きにくい食事を教わりました。

 

トレーナー自身が普段食べているものや、普段やっている調理方法などを話してくれたのでイメージし易かったです。

 

また、『コンビニで選ぶならこれ』とか『酒のおつまみはこれ』とかおすすめも教えてくれました。

 

(カウンセリングの大半は、食事についてのお話しでした。)

 

 

食事制限と聞くと”我慢する”をイメージします。

 

しかし、カウンセリングで私の食生活を話すと、『もっと食べて良い』とのこと。

 

普段かなり無駄な食事をしていたことが分かりました。

 

食事は体を作ると小学校の給食のとき習ったはずなのに、完全に忘却。

 

意味のないもの(栄養価が低く脂肪が付きやすい)をたくさん食べ、お腹がポッコリ出てくる度に痩せようとして無駄な我慢をしてきたようです。

 

 

私はその後24/7ワークアウトに通いましたが、アドバイスに沿った食事制限が始まると、実際に以前よりも食べる量が増えました。

 

お腹いっぱい食べても太らないのが糖質制限の良いところだと思います。

 

 

ちなみに24/7ワークアウトには、食事の報告を毎日写メでチェックするシステムはありません。
24/7ワークアウト,食事,制限,指導,内容

 

ただしチェック制度が無いだけで、途中分からないことが有ればメールや電話でも質問に答えてくれます。

 

序盤は特に不安で、例えばツナ缶の成分表に「野菜スープ」と書かれていても『これ、何の野菜使ってるんだ?スープって何ベースのスープ?』とか、もう訳の分からないとこが気になります。

 

実際にはそんなとこまで気にする必要は一切なかったのですが、意気込みが凄く上がっていると気になります。

 

私は結構聞きました。

 

 

 

次は、トレーニング内容について

 

次は・・>>24/7ワークアウトのトレーニング内容

 

 

 

 

 

24/7ワークアウト公式HP

http://jim-diet.net/

 

 

 

 


トップページ メニュー おすすめジム 自己紹介